オシップ ザッキン  (1890-1967)

「恋人たち」 リトグラフ 120部の内の1部

 

ロシア生まれ。ロンドンの工芸美術学校で学んだ後、1909年パリに渡る。ピカソらのキュビスムと黒人彫刻の影響を受け、アフリカ的手法を取り入れながら独自のスタイルを生み出した。62年からパリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)の教授として後進の指導にもあたった。

彫刻家であるが、多くの優れた素描や絵画も残した。

パリに市立ザッキン美術館がある。

 

ご売約
ありがとうございました

 

GalleryU

取扱作家